クレジットカード現金化の業者を換金率や口コミで比較しました!

損しないクレジットカード現金化ランキング!【マネードラゴン】

現金化コラム

現金とクレジットカードどっちがお得?

投稿日:

クレジットカードを利用するメリットというのは支払いの時にも当然メリットがあるわけです。

クレジットカードで支払っている人はこういう理由でカードを利用しているんだよということが分かるのではないでしょうか。

今回はクレジットカードで支払いをするメリットということについて詳しく解説していきますので、便利さが分かったのであれば別の機会で利用をしてみてください。

ポイントが貯まる

クレジットカードを使う利点

クレジットカードを利用するメリットで代表的なものというのはポイントが貯まるということです。

クレジットカードはブランドショップやレストラン、デパート、レジャー施設、ホテルなどいろいろな場所で利用することが可能になります。

いろいろな場所で利用をすることができますので、それだけポイントが貯まる機会が多いということが言えます。

ポイントカードと言えばそのチェーン店でしか利用をすることができなかったりしますが、クレジットカードであればたくさんの場所で利用することができますので、現金払いからカード払いに切り替えることによってお得になります。

支払いを先延ばすことができる

現金で購入する場合にはその場で現金を支払う必要がありますので、現金の持ち合わせが無ければ購入できないという可能性があります。

それに対してクレジットカードで購入する場合にはその場でカードだけ用意をしていればいいわけですので、購入ができないということは無くなります。
その代わり、使った分を1~2か月後に支払う必要があります。

支払を先延ばすことができるというのはその分だけ手元に現金を残すことができたりしますので、家計にゆとりが生まれたりします。

そうは言っても、後日にまとめて返済をしないといけませんので、そこのところもよく考えてから使用する必要はあるでしょう。

ボーナス払いを利用するということであれば、支払いを最大6か月以上も先延ばしすることができたりします。

信用度合いを構築することができる

現金よりクレジットカード
クレジットカードを使って、きちんと返済するということができている人というのは、社会的に信用度合いが高い人間だとみなされます。

クレジットカードを利用した履歴というのは個人信用情報機関のデータベースに登録されています。ここに登録されているカードの利用履歴が良好ということになると、低利でローンを組むことができたりします。

普段から現金払いをしている人というのは個人信用情報機関のデータベースに蓄積されるということは無いです。

そのため、悪い情報が載っていない代わりに、いい情報についても載っていないわけです。それだと、ローンを借りたい時にきちんとお金を返してくれるのかどうか判断できないので、審査にとってプラスのなることはありません。

現金に依存する必要が無くなる

普段からクレジットカードを利用していると財布の中に1万円札をいくつも入れる必要はなくなります。財布の中には小銭ぐらいしか入れておかなくても済みますので、万が一財布を紛失してしまった時の損失についても小さくなります。

その代わりクレジットカードの管理についてはしっかりとしておく必要があります。ただ、万が一クレジットカードを紛失したという場合には、盗難保険がついていますので、不正利用があったとしても損失は一切ないです。クレジットカードを無くすよりも現金を無くしたほうが損失は大きかったりします。

クレジットカードで支払いをするのはメリットがある

クレジットカードを利用している人というのはそのメリットを享受したいからです。ポイントが貯まったり、支払いを先延ばしにすることができたり、信用度合いを構築出来たり、現金に依存する必要が無かったりするなどのメリットがあります。

-現金化コラム

Copyright© 損しないクレジットカード現金化ランキング!【マネードラゴン】 , 2018 All Rights Reserved.