クレジットカード現金化の業者を換金率や口コミで比較しました!

損しないクレジットカード現金化ランキング!【マネードラゴン】

現金化コラム

クレジットカードの取り扱いに注意!スキミング被害が報告されています!

投稿日:

スキミングにご注意を!

クレジットカードに纏わる犯罪ということになるとスキミングというように比較的認知度が高い犯罪ではあります。

しかし、その中身について詳しく知っているのかというと、そんなに知らないという人も多いのではないでしょうか。今回はスキミング被害について詳しく説明していくと共に、その対策についてもしっかりとまとめていきます。

スキミングとはクレジットカード情報を盗み取る行為

スキミングという犯罪はどういうものかというとクレジットカード情報を盗み取るという行為です。

具体的にどのように情報を盗んでいるのかというと、スキマーという機械を使ってクレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードなどの情報を盗んでいるわけです。盗み取った情報を使って別のクレジットカードをコピーをして、悪さをするということです。

スキミングをされているというのは実際に使った時に分からずに、明細書を見て初めて分かるということです。スキミングをされる可能性というのはあらゆるところにあり、被害に遭っているとしてもすぐに気づくことが無いですので、どうやって対策すればいいのか分からないです。

スキミングされるとどうなる?

スキミングされるとどうなる?
スキミングをする目的というのは盗み取ったクレジットカード情報を利用して、ブランド品や貴金属を購入したり、換金目的で購入してお金を得たりするということです。

例え何かをクレジットカードで購入したとしても、本来の所有者に対して明細書が届きますので、スキミングを行っている人は無料で商品を得たりお金を得たりすることができるわけです。

以下スキミング被害にあわないためにできる予防策を紹介します。

怪しいお店でクレジットカードを使用しない

一番スキミングされる可能性が高いのがクレジットカードを店員に渡したときです。いろいろなところでクレジットカードを店員に渡したときにその瞬間にスキマーで情報を抜き取るという手口が一般的です。ただ、信用できるお店でスキミングされるということは少ないです。スキミングされる可能性があるところというのは風俗店や海外などの怪しいところです。

スキミングに遭いたくないということであれば、信用度合いが低いようなお店については一切使わないほうが安全でいいでしょう。ショッピングでクレジットカードを使用するとポイントが貯まったりしますが、それでも危険性があるところでは使用をしないという心構えが重要です。

簡単にクレジットカードを預けない

スキミング被害を受けないためにはクレジットカードを他人に預けないということが重要です。ただ、クレジットカードを預けなければいけない場面もありますので、そこのところは信用できるのかどうかというのがポイントになるでしょう。

アメリカなどでは本人がカードリーダーに通すことによってクレジットカード決済をすることができます。その場合であれば、クレジットカードを店員に預けることは無いわけです。こういう環境を整えてもらうとスキミング犯罪が無くなっていくでしょう。

クレジットカードを預ける場合は監視をする

クレジットカードを預けなければいけないシチュエーションもありますので、レジなどでクレジットカード払いを行う際には店員の動作を監視するようにしてください、スキマーがあれば簡単にスキミングをすることができますので、隙を作らないことが重要です。きちんとクレジットカードの扱いについてチェックしているよというような姿勢を見せてください。そのことによってスキミング被害を受けずにすんだりします。

スキミングさせないという環境を作ろう

クレジットカードに関係する犯罪として一番メジャーなのがスキミングです。スキミング被害を受けていることが分かるまでに時間がかかりますので、未然にそれをさせないという環境を作るべきです。

-現金化コラム

Copyright© 損しないクレジットカード現金化ランキング!【マネードラゴン】 , 2018 All Rights Reserved.