クレジットカード現金化の業者を換金率や口コミで比較しました!

損しないクレジットカード現金化ランキング!【マネードラゴン】

現金化コラム

店舗型とWEBサイト型の現金化業者ならどっちがお得?

投稿日:

ネットでお買い物
クレジットカード現金化は店舗を構えて営業しているところがある一方で、ネットだけで営業をしているところもあります。

この点についてはどういう違いがあるのかということが知りたいのではないでしょうか。その点において双方のメリットとデメリットについて詳しく解説いたしますので、ぜひとも参考にしてもらいたいです。

店舗型の業者を利用するメリット

店舗型の業者の利用するメリットとして2点あります。1点目はインターネットを使えない人であっても店舗に行くだけで利用することができます。2点目は直接顔を合わせて現金を手に入れることができます。

誰しもインターネットが得意というわけではなく、インターネット環境が無い人やパソコンやスマホを使えない人というのも高齢者を中心にしているわけです。そういう人にとってWEBサイト型の現金化は利用しにくいでしょう。そういう人であっても安心して利用することができるというのは店舗型の現金化のメリットに該当します。

直接顔を合わせて現金化の取引を行うというのは何よりも安心できるのではないでしょうか。店舗型の業者が現金化において行われるやり方としては商品買取方式に該当し、商品と引き換えることによって現金を手に入れることができます。そのために、入金されないという可能性は低いでしょう。

店舗型の業者を利用するデメリット

店舗型の業者を利用する際に注意するべきデメリットとして3点があります。1点目はそういう業者が少ないこと、2点目はクレジットカードの利用停止のリスクが顕在すること、3点目は換金率が低いことがあります。

店舗型の業者というのは東京や大阪などの都市部でしか見られないので、多くの場合そういう業者にアクセスする事すらできない可能性があります。店舗を出すだけでもWEBサイト型に比べてコストがかかりますのでその分だけ換金率が低い傾向があります。

店舗型の現金方で購入する商品というのは金券や回数券、ブランド品というように換金性が高い商品で、クレジットカード会社としても警戒している商品なのです。何度も購入したりするとクレジットカード会社に現金化をしていることをばれてしまいます。日常的にやっていると場合によっては利用停止になる可能性があります。

WEBサイト型の業者を利用するメリット

WEBサイト型の業者を利用するメリットというのはいつでもどこでも利用をすることができる点です。ネット環境さえあればどういうところに住んでいても利用をすることができるというのは何よりも重要なメリットになります。手間も交通費もかかりませんので、気軽に利用することができるでしょう。

申込についても24時間行うことができます。電話であれば営業時間内に行わなければいけませんが、ネットであれば24時間土日祝日であっても利用が可能です。ネットバンクやゆうちょ銀行を持っていれば24時間土日祝日でも入金を確認することができるでしょう。

WEBサイト型の業者を利用するデメリット

WEBサイト型の業者を利用するデメリットとしては信頼できる業者を見つめるのが難しいということです。現金化自体がグレーゾーン取引になりますので、場合によっては悪徳業者がいる可能性がありますが、その点においても警察によって取り締まりが行われていますので、詐欺が行われるというリスクは相当減ってきています。結局のところ信頼できる業者を見つけるか否かにかかっています。

店舗型・WEBサイト型それぞれのメリットとデメリットを比較する

現金化は店舗型とWEBサイト型の業者が存在します。多くの人はWEBサイト型の業者を利用することになるかもしれませんが、都会であれば店舗型の業者も少ないながらもいますので、それぞれを比較して利用してください。

-現金化コラム

Copyright© 損しないクレジットカード現金化ランキング!【マネードラゴン】 , 2018 All Rights Reserved.