自分で現金化する方法

自分でやるクレジットカード現金化

金券ショップを利用した現金化の方法

クレジットカード現金化の方法は数多くありますが、その中でも以前からよく行われている方法が、金券ショップを利用しての現金化です。換金率が高いというメリットがありますが、近年は利用者は減少傾向にあります。

金券ショップで現金化する利点は

金券ショップに持ち込み
金券ショップでは、商品券やギフトカード、さらには新幹線の回数券など幅広くチケットを取り扱っています。そして、それらを仕入れる手段としてチケットの買取を行っているわけです。薄利多売が金券ショップの基本となっているので、積極的に買取を行うのです。

さて、金券ショップで現金化する利点でaすが、何といっても換金率が高いという点です。チケットの種類にもよりますが、額面の95%以上の価格で買い取ってもらえることも多いので、あまり目減りすることなく現金化ができるわけです。

近年は現金化のハードルが高くなっている

ただ、金券ショップを利用しての現金化は、近年になってハードルが高くなっているのです。その理由として、カード会社が現金化目的での利用を禁止していることから、大量にチケットを購入することで利用停止になってしまうリスクがあるのです。

それ以前に、大半の商品券やギフトカードはクレジットカードで購入することができないため、それもハードルが高い1つの要因となっているのです。

高額な現金化には適していない

もちろん、新幹線の回数券などはクレジットカードで購入することができるため、それを金券ショップに買い取ってもらえれば現金化することは可能です。ただ、新幹線の回数券のカード購入は、特にカード会社が目を光らせているので、大量に購入してしまうと確認の連絡が入る可能性が高いです。

場合によっては、問答無用でカード利用停止処分になってしまう恐れもあるため、どちらにしても高額な現金化には適していないでしょう。数万から10万円ほどの現金化にはいいかもしれませんが、それ以上となるとリスクが格段に高まるのです。

業者を通さずに自分で現金化が出来る

必ずしも業者を利用する必要はない

クレジットカード現金化は、専門の業者を利用しなければできないイメージがあります。しかし実際は、業者を利用しなくとも現金化できる手段はいくらでもありますし、より効率よく高換金率で現金化できる方法もあるのです。

換金率にこだわるのであれば

どうしても業者を利用した場合、換金率が低くなってしまうのがネックとなります。しかし自分で現金化することによって、やり方次第では95%以上の換金率を実現することもできるので、高換金率にこだわるのであれば自身で現金化をするのがいいわけです。

全国百貨店共通券

全国百貨店共通商品券

換金率の高さは魅力的ですが

全国百貨店共通券は、金券ショップに持ち込むことによって、額面の95~98%ほどの金額で買い取ってもらうことができます。したがって、換金率の高さは非常に魅力的なのですが、どの店舗でもクレジットカードで購入することができないため、現金化の手段としては厳しいと言わざるを得ないのです。

新幹線回数券

新幹線回数券
新幹線回数券を利用してのクレジットカード現金化は、数ある手段の中でも一二位を争うほど有名となっています。それだけ気軽かつ簡単にできる方法なわけですが、だからこそのリスクや怖さもあったりするので、十分に注意しなければならないのです。

なぜ現金化の手段として有名なのか

新幹線回数券は、商品券やギフトカードと違ってクレジットカードで購入することができます。それを金券ショップに持ち込むことによって、額面の90%から95%ほどの価格で買い取ってもらうことができるため、簡単でしかも高換金率なわけです。特に人気の高い区間の回数券であれば、それ以上の換金率になることもあるので、他のどの手段よりも効率的だと言えるのです。

新幹線回数券は現金化のリスクも高い

ただ、新幹線回数券は気軽に現金化できてしまうことから、カードが利用停止になってしまうリスクも高いのです。本来クレジットカードは現金化目的での利用は禁止されているので、カード会社としても新幹線回数券の購入には優先的に目を向けるわけです。

もし一度に何十万円もの大量購入があったりすれば、かなりの高確率でカード会社から連絡が入るでしょう。もしその際に明確な受け答えができなければ、現金化目的だと判断され利用停止処分を受けてしまうかもしれないのです。

現金化目的でなくても利用停止になるケースがある

現金化に特に厳しいカード会社の場合、そもそも現金化目的で新幹線回数券を購入していなくても、利用停止になってしまうケースもあるのです。それを考えると、いかに新幹線回数券による現金化がリスキーなのか分かると思います。

もちろん、少額での購入なら怪しまれることはまずないでしょうから、確実に利用停止処分を避けたいのであれば、本当に困った時に数万円だけ現金化するといった方法が無難かもしれません。

図書カード

図書カード628

図書カードは現金化にはかなり不向き

図書カードに関しては、金券ショップでの換金率は90%から94%ほどとなっているので、商品券やギフトカードに比べると低くなっています。また、一部の店舗を除いてはクレジットカードで購入することができない難点もあります。そして何より、1枚あたりの上限は1万円となっているので、まとまった金額を現金化するにも手間がかかってしまうのです。そういったことから、図書カードは現金化にはかなり不向きとなっているのです。

さらに換金率は下がることが予想される

今は電子書籍が普及していることもあり、紙媒体の書籍は不調気味になっているのです。そういったことを考えると、図書カードの換金率は今後さらに下がることが予想されるのです。

バスカード

バスカード

バスカードの現金化は現状不可能

バスカードは購入後の払い戻しは可能ですが、クレジットカードで購入することはできないため、現状バスカードを利用しての現金化は不可能となっています。そもそも今は鉄道にしてもバスにしても、交通系電子マネーが主流となっていますから、バスカード自体も発行数は減少傾向にあるのです。

切手シール

切手シール

低換金率ですがクレジットカードで購入できるのは大きなメリット

切手シールの換金率は90%から93%程度となっているので、金券としてはあまりいい換金率とは言えません。ただ、他の金券と違ってクレジットカードで購入することが可能となっているので、それは大きなメリットだと言えます。1回での購入上限は3万円となっていますが、送料もかからないので繰り返し注文することによって、まとまった現金化も可能となっています。

なぜクレジットカードで購入できるのか

切手シールがクレジットカードで購入できる理由ですが、もちろん郵便局がカード決済の取り扱いを行っているからですが、詳しい理由に関しては不明となっています。ただ、他の金券に比べると換金性はそこまで高くないので、それも1つの要因かもしれません。

QUOカード

quoカード

QUOカードの現金化は不可能ではありませんが

QUOカードはとても利便性が高いプリペイドカードとなっており、金券ショップでの換金率もそこそこ高いです。ただ、こちらもクレジットカードでの購入は難しくなっています。数少ない方法として、ファミマTカードを利用するか、もしくはJCBカードで専用のQUOカードを購入する方法があるので、決して不可能ではありませんが現状としては難しいでしょう。

額面が小さいほど高換金率

QUOカードは額面が小さいほど需要が高くなっているので、特に500円と1000円のカードは換金率が高い傾向にあります。したがって、仮にクレジットカードで購入することができても、1万円のカードだと換金率が下がってしまう欠点があるのです。500円や1000円のカードをまとめて購入する方法もありますが、それはそれで手間がかかってしまうわけです。そういった意味でも、QUOカードは現金化にはあまり向いていないと言えます。

パスネット

パスネット

販売終了によりパスネットの現金化は不可能

パスネットは2007年に販売が終了して、2015年の3月には取り扱いも停止したことから、完全に利用することができなくなりました。ただ、2018年の1月31日までは払い戻しを受けることが可能となっているので、所持している人は返金してもらうことができます。ただ、どちらにしても販売は終了しているわけですから、現金化として利用することは不可能となっています。

電子マネー現金化

電子マネー

やり方次第では現金化することも可能

電子マネーの普及は急速に進んでおり、今や現金とクレジットカードに並ぶほどの存在となりました。そんな電子マネーをクレジットカード現金化の手段として活用することは可能なのでしょうか。電子マネーの場合、金券とは違って直接買い取ってもらうことができないため、ひと工夫をする必要はありますが、やり方次第では現金化することも可能となっています。

Suica

suica

手数料のみで現金化することが可能

Suicaは交通系電子マネーとして非常に有名ですが、通常のSuicaはクレジットカードでチャージすることができなくなっています。しかしモバイルSuicaの場合は、クレジットカードでもチャージが可能となっているので、それを利用して切符や定期券を購入して払い戻し手続きをすれば、210円の手数料を支払うだけで現金化することができるわけです。

あまり多用すると利用停止の可能性もあるので

もっとも、Suicaを利用しての現金化は、あまり多用してしまうと利用停止になってしまう可能性があります。新幹線の回数券よりはリスクは低いものの、それでも高額な払い戻しを短期間で繰り返してしまうと、カード会社に怪しまれてしまうのです。もし現金化として利用するなら、金額と頻度に注意しながら行うようにしましょう。

nanaco

nanaco

現金化の手段は限定されますが

nanacoは主にセブンイレブンで利用できる電子マネーとして有名で、多くのクレジットカードでチャージすることが可能となっています。一部のカードでチャージすればポイントも付与されることから、公共料金の支払いなどにも活用されています。そういったこともあり便利な電子マネーではあるのですが、払い戻しができないこともあって、現金化の手段としては限定されてしまいます。

一応いくつか方法はあり、例えばセブンイレブンで販売されている書籍やCDなどをnanacoで購入して、それを買い取ってもらうことで現金化することは可能です。また、楽天ギフトカードやアマゾンギフト券などもnanacoで購入することができるので、それを利用してネット通販で換金性の高い商品を購入して売るといった方法もあります。

家族や友人の代行払いが手っ取り早い

nanacoを利用した手っ取り早い現金化の方法としては、家族や友人からお金を受け取って、変わりに公共料金などをnanacoで代行払いすることで、換金率100%で現金化することができます。もしそれが可能な状況なのであれば、積極的に代行払いして現金を手に入れるといいでしょう。

au WALLET

au WALLET
au WALLETは、携帯電話会社であるauが提供している電子マネーとなっており、発行手数料や年会費などは特に必要なく、利用できる店舗やサービスも多いです。そんなau WALLETを、クレジットカード現金化の手段として利用することはできるのでしょうか?

クレジットカードでのチャージは限定される

au WALLETで現金化をするためには、当然ですがクレジットカードでチャージすることが大前提となります。ただ、マスターカードであれば発行元を問わないのですが、VISAとJCBの場合は特定の発行元でないとチャージすることができないのです。したがって、au WALLETで現金化をしたいと思っても、最初の部分で躓いてしまうケースも多いのです。

払い戻しによる現金化ができないので

au WALLETでは、払い戻しによる現金化ができないため、他の方法を用いる必要があります。1つは、au WALLETを利用して、商品やアマゾンギフト券などを購入して、それを買い取ってもらう方法です。もう1つは、au WALLETに対応している現金化業者を利用する方法があります。

前者は選択肢によっては、かなり高い換金率で現金化できるメリットがありますが、ある程度の時間と手間を要する難点があります。後者の場合は換金率こそ低くなりますが、即日で現金化してもらうことができるので、そこは大きな利点となっています。

どちらにしても高額な現金化はできない

ただ、どういった方法でau WALLETを現金化する場合でも、残高の上限は10万円となっているので、どちらにしても高額な現金化はできない点を覚えておくようにしましょう。

Edy

Edy
Edyは数ある電子マネーの中でも、知名度も利用者もトップクラスとなっています。コンビニやファミレスを始め多くの店舗で使用することができ、オンラインサービスの支払い手段としても活用されています。そんなEdyを利用して、クレジットカード現金化を行うことはできるのでしょうか?

クレジットカードでのチャージは可能ですが

Edyに関しては大半のクレジットカードでチャージすることが可能となっています。ただ、チャージ後の返金ができないのはもちろんですが、金券類などもEdyで購入することはできないので、現金化の手段としてはあまり適しているとは言えません。

最もオーソドックスな方法としては、Edyで購入した商品を買い取ってもらうことですが、換金性の高い商品を購入するのは難しいので、仮にできたとしても換金率はかなり下がってしまうのです。

楽天ポイントに交換することが可能なので

ただ、Edyは楽天ポイントとの相互交換が可能となっており、クレジットカードでチャージしたEdyを楽天ポイントに交換することができます。楽天ポイントであれば、ある程度換金性の高い商品を購入することも可能なので、少し手間と時間はかかりますが、それなりの換金率で現金化することができます。

どちらにしても少額での現金化となる

Edyの残高上限は5万円までとなっているので、もし現金化ができた場合であっても、少額でしかできない点も覚えておくようにしましょう。

電子決済

電子決済

電子決済を利用した現金化について

お店などがクレジットカード決済に対応するためには、信販会社との契約を結んだ上で、専用の読み取り機を設置する必要があります。ただ、その費用は決して安くありませんし、コスト面の負担も大きくなります。

しかし電子決済を利用することで、自分自身が事業者になることによって、簡単にクレジットカード決済を行えるようになるのです。分かりやすく言えば、自分のクレジットカードを自分のお店で使用するようなものです。

このシステムを利用することによって、手数料を支払うだけでクレジットカードを現金化することが可能になるのです。他の方法と比べると格段に換金率も高くなりますから、そういった意味でもメリットは大きいのです。

カード会社にはバレないのか

ただ、電子決済によるクレジットカード現金化は、カード会社にはバレないのでしょうか。決済の際には、適当な商品を購入した扱いにすればいいわけですが、具体的な商品名が記載されるわけではありません。したがって、新幹線の回数券のように一目で怪しまれることはありません。

もっとも、あまりに高額な決済を短いスパンで繰り返し行ってしまうと、さすがに怪しまれてしまう可能性がありますから、そこは注意するようにしましょう。

PayPal Here

PayPal HERE

PayPal Hereで気軽に現金化

PayPal Hereを導入することによって、クレジットカード現金化が気軽にできるようになります。最低限の設備投資さえ行えば、3%の手数料を支払うだけでクレジットカード決済ができるようになるので、かなりの高換金率で現金化できるわけです。

決済をする際には、特に何らかの商品を購入するわけではありません。自分が経営するお店に対して、自分のクレジットカードで支払いをするようなイメージなのです。

審査にやや時間がかかるのが難点

換金率は非常に魅力的なPayPal Hereですが、導入する際には事前に審査の方が行われることになります。特に審査が厳しいということはないのですが、やや時間がかかってしまうのが難点なので、今すぐ現金が必要な人には少し難しいかもしれません。できるだけ現金化が必要になる前に導入しておくのが望ましいです。

コイニー

コイニー

コイニーを利用した現金化はオススメか

コイニーを導入することで、自身が事業者としてクレジットカード決済ができるようになるので、現金化の手段としても活用することが可能です。申込みを行い審査をクリアできれば、専用端末が送られてくるので、それをスマートフォンかタブレットに繋いでインストールすれば、クレジットカード決済ができるようになります。

3.24%の手数料を支払うだけで現金化が可能なので、それはとっても魅力的だと言えます。ただ、導入するまでに時間を要する上、実際にクレジットカード決済をしてからも、入金までに2日ほどかかることが多いです。現金化を希望する人の多くは、すぐにでも現金が欲しいと思っているでしょうから、人によって合う合わないがあると思います。

Square

Square

Squareで現金化をする利点は

電子決済でのクレジットカード現金化を考えているなら、Squareを導入してみるのもいいでしょう。専用のカードリーダーを購入することで、クレジットカードの決済を自身で行えるようになるため、かなりの高換金率で現金化することが可能になります。

さて、Squareで現金化をする利点ですが、手数料が直接入力でも3.75%しかかからないので、換金率の低下を最小限に抑えることができるのです。PayPal Hereやコイニーの場合、直接入力だと4%以上の手数料がかかってしまうので、何度も利用すると結構大きな差が出るのです。

急がないなら検討するのもいい

Squareでクレジットカード決済を行った場合、大抵は翌日までにお金が振込まれるので、すぐにでも現金が必要なケースでないのであれば、検討してみるのもいいかもしれません。逆に、すぐにでもお金が必要なのであれば、他の選択肢の方がいいでしょう。

楽天スマートペイ

楽天スマートペイ

楽天スマートペイでいつでも現金化ができる

楽天スマートペイは、他の電子決済に比べて端末や手数料が高かったこともあり、あまり普及はしていませんでした。しかし現在では、端末もキャンペーンによって実質無料で手に入れることができますし、手数料も3.24%と良心的となっているので、十分に利用する価値はあるでしょう。

楽天スマートペイを導入すれば、いつでもクレジットカードを現金化することができるので、いざという時には頼りになってくれるでしょう。それに、事業者が国内ということもあって、より安心して利用することができると思います。

ただ、現金が手に入るのはどれだけ早くても翌日以降になるので、即日で現金が必要な人はひとまず他の方法を利用した方がいいでしょう。楽天スマートペイのような電子決済による現金化は、換金率の高さを重視する人向けだと言えます。

電子商品券

電子商品券

専門業者に買い取ってもらうのが基本

一般的な商品券やギフトカードは、金券ショップで買い取ってもらうことが可能ですが、電子商品券の場合はネットでの利用を前提としていることから、専門業者に買い取ってもらうのが基本となります。したがって、クレジットカード現金化として電子商品券を利用する場合は、専門業者を探すことも大事な要素となるのです。

電子商品券だからこその利点

商品券やギフトカードというのは、クレジットカードでの購入が大幅に制限されており、現金化として利用するのは難しいです。もし仮に購入できたとしても、額が多いとカード会社に怪しまれてしまいます。

しかし電子商品券の場合は、クレジットカードで購入することが可能ですし、よほど高額でなければカード会社に怪しまれることもないので、それが大きなメリットとも言えるわけです。

Amazonギフト券

amazonギフト券

多くの業者がAmazonギフト券を取り扱っている

電子商品券の中でも、Amazonギフト券は実績も知名度も群を抜いています。アマゾンを日常的に利用する人にとっては、非常に便利な商品券となっているので、それだけ需要も大きいわけです。

そして、現金化としても非常に利用しやすい存在となっているので、多くの業者がAmazonギフト券を取り扱っているのです。専門業者に買い取ってもらうことで、90%ほどの換金率で現金化することが可能となっています。

クレジットカードでの購入が前提となっている

Amazonギフト券にはいくつかのタイプがあるのですが、業者に買い取ってもらう際にはEメールタイプがスタンダードとなっています。そしてEメールタイプのAmazonギフト券は、原則としてクレジットカードのみの支払いとなっているのです。つまり、Amazonギフト券というのはクレジットカードでの購入が前提となっているのです。

したがって、カード会社に怪しまれる心配もありませんし、よっぽど大量購入を短期間で繰り返さない限りは、カードが利用停止になることもないのです。

itneesカード

itunesカード
音楽のダウンロードなどで利用されているitunesカードですが、アマゾンギフト券ほどではないものの、知名度も高く多くの人から利用されています。そんなitunesカードを利用して、クレジットカード現金化を行うことは可能なのでしょうか?

購入自体は簡単ですが

itunesカード自体は、コンビニなどでも販売していることから、購入自体は簡単に行うことができます。ただ、クレジットカードでの購入が可能なのは、直営のアップルストアや家電量販店と限られているため、コンビニなどではカード払いができないのです。

一応、クレジットカードでnanacoにチャージすることによって、間接的にはカードで支払うことも可能にはなっていますが、上限は5万円までとなっている点に注意しましょう。

アマゾンギフト券に比べると利便性で劣る

何より、アマゾンギフト券に比べてitunesカードの場合は、取り扱いを行っている業者が少ないという難点があります。業者を探すだけでも結構時間がかかるでしょうし、換金率に関してもアマゾンギフト券よりも低い傾向にあるのです。

そういったことを考えると、どうしてもクレジットカード現金化の点においては、アマゾンギフト券よりも利便性は劣ると言わざるを得ないのです。購入に関しても、アマゾンギフト券ならオンラインで全て行えるので、その点でもitunesカードより便利なわけです。

不要な時に買取してもらう程度

itunesカードの現金化は、例えば以前購入したものの結局使わなかったり、あるいはギフトとしてもらったけれど使い道がない時など、あくまでも不要な時に買取してもらう程度に考えるのがいいでしょう。

携帯決済

携帯決済

携帯決済でも現金化は可能

どの携帯電話会社でも、いわゆる携帯決済のサービスを取り入れており、毎月一定の金額までショッピングやサービスの利用を携帯電話1つで行うことができます。そして、近年ではその携帯決済を利用して、現金化サービスを提供している業者も増えてきているのです。換金率はやや低いですが、選択肢の1つとして考えるのもいいかもしれません。

ドコモケータイ払い

docomoらくらくケータイ払い
ドコモを利用している人であれば、毎月決まった金額まで商品購入やサービスの利用などを、ドコモケータイ払いで行うことができます。利用料金をクレジットカード払いにすることで、支払い時期を先延ばしすることができるので、現金化としても利用できるわけです。

どのような方法で現金化をするか

最近では携帯決済を取り扱っている現金化業者も増えているので、そちらを利用すれば手っ取り早く現金化することは可能です。ただ、換金率はどれだけ良くても80%に届くか届かないかのレベルなので、よほど切羽詰まった状況でない限りは、あまりオススメできる方法とは言えません。

一般的な方法としては、ネットオークションで金券類を落札して、それをドコモケータイ払いで支払い、金券ショップで買い取ってもらうことで、高換金率で現金化することができます。

現金化の手段としては便利とは言えない

もっとも、わざわざネットオークションを利用し、落札して商品が手元に届くのを待ち、それから買い取ってもらうといった方法は、お世辞にも効率がいいとは言えません。何より、ドコモケータイ払いは月額5万円までしか利用することができないので、現金化の手段としては決して便利とは言えないのです。どうしても他に方法がない場合の、最後の手段として考えるぐらいがいいでしょう。

auかんたん決済・S!まとめて支払い

auかんたん決済

基本はドコモケータイ払いと同じですが

auかんたん決済・S!まとめて支払いに関しても、基本的な現金化の方法はドコモケータイ払いろ同じとなっています。20歳以上であれば、auかんたん決済の方は月に10万円まで利用することができますが、どちらにしても現金化の手段としては適しているとは言えません。

転売(せどり)

転売はクレジットカード現金化で活躍するか

転売を利用したクレジットカード現金化は、今でこそ利用している人は減少傾向にありますが、昔は主流とも言える手段だったのです。ゲーム機や家電製品、あるいはブランド物をクレジットカードで購入し、それを売ることによって現金を手に入れるわけです。もちろん、ある程度利用してから買取に出す人も多いでしょう。

ただ、よっぽど価値の高い商品でない限りは、換金率は商品券やギフトカードに比べるて大きく劣ってしまいます。購入してから手元に届くまで時間を要することもありますし、買い取ってくれる店舗を探したりする手間も考えると、あまり推奨できる方法とは言えないのです。

ゲーム機

ゲーム機を売る

ゲーム機は現金化の手段としてよく活用されていますが

ゲーム機をクレジットカードで購入し、それをゲームショップなどで買い取ってもらう方法は、現金化の手段として今でもよく活用されています。特に最新機種を購入してすぐに売ることで、8割以上の価格で買い取ってもらうことも可能となっています。

ただ、それでも基本的にはそれ以上の換金率を望むことは困難なので、金券類に比べるとかなり劣ってしまうわけです。それに、ポイント目当てにネット通販で購入する場合、手元に届くまで数日ほどかかってしまいますから、迅速な現金化にも不向きだと言えます。

ソフトによってはプレミア価格が付く可能性も

もっとも、入手が困難なゲームソフトであれば、後にプレミア価格が付く可能性もあります。その場合、買取やオークションに出すことで、購入金額の何倍もの値で売れることもあるのです。もっとも、それを狙ってゲーム機を購入するのは一筋縄ではいきませんし、ある程度時間が経つことが大前提となるので、どちらにしても現金化の観点では向いていないのです。

ゲーム機を利用した現金化は、自分もある程度楽しんだ上で、買取価格が高いうちに売るのがいいわけです。

家電

家電を売る

まとまった現金が手に入る利点はありますが

家電をクレジットカードで購入し、それを業者に買い取ってもらうことで現金を手に入れる手法は、かなり以前から行われていました。特にテレビやパソコンは買取率も高くなっていますし、まとまった現金が手に入る利点もあります。何より金券類に比べると、カード利用停止のリスクも低いので、それもメリットの1つだと言えます。

ただ、商品探しから買取が完了するまでにそれなりの時間がかかりますし、たとえ高換金率の家電製品であっても、金券や新幹線回数券よりはかなり低くなってしまいます。

ブランドバック・時計

ブランドバックを売る

換金率の良さは魅力的ですが

ブランドバッグやある程度高級な時計であれば、定価の8割ぐらいの価格で買い取ってもらえるので、現金化としても利用する意義はあるでしょう。しかも、限定商品や人気商品であれば、換金率が100%を超える可能性もあるので、そういったメリットもあるわけです。

ただ、新幹線の回数券ほどではありませんが、ブランド品はカード会社が要チェックする項目の1つでもあります。そのため、突然高額なブランドバッグや時計を購入したりすれば、現金化目的だと思われてしまう可能性がありますし、そもそも決済が下りないケースもあるのです。最初はブランド品の中でも、そこまで高くない商品を選ぶのが無難でしょう。

自分でクレジットカード現金化をする際の注意点

業者を利用せず自分でクレジットカード現金化をすることで、より高換金率で現金を手に入れられる可能性が高くなります。ただ、自分自身で行うクレジットカード現金化は、注意しなければいけないこともあるのです。

最も注意すべきはカードの利用停止

どのカード会社も、クレジットカードの現金化は規約で明確に禁止しています。したがって、もし現金化目的で利用していると判断されれば、カードが利用停止になってしまう可能性があるのです。そうなると、そのカードが使えなくなってしまうだけでなく、新規にカードを発行する際にも、審査に通りづらくなってしまうのです。

カードの利用停止を防ぐためには、金券や新幹線回数券のような換金性の高い商品を、一度に大量購入することを控えるようにしましょう。最初のうちは少額で購入するようにして、怪しまれない程度に利用していくようにしましょう。

多少なりとも時間と手間を要する

業者を利用する場合、申し込みから手続きまで全てをネットで行うことができます。したがって、自宅から一歩も出ることなく即日で現金化してもらうことができるのです。

しかし自分で現金化をする場合、商品を購入して買い取ってもらうために、多少なりとも時間と手間を要するわけです。選択肢によっては、現金が手に入るまでに1週間以上かかる場合もあるのです。そこまで急いでいない人ならいいのですが、切羽詰まった状況なのであれば、換金率よりも利便性を優先した方がいいでしょう。

どちらがいいかは一概に言えない

クレジットカード現金化は、業者を利用した方がいいのか、それとも自分で行った方がいいのか、どちらがいいかは一概に言えないのです。人によって何を重視するかも違うわけですし、自分に合ったやり方で現金化するのが第一だと言えます。

今すぐ現金が欲しい
安心のクレジットカード現金化業者がわかる!

実際に管理人が使用して『換金率』『使いやすさ』『信頼度』を見て、今すぐ現金化可能な人気クレジットカード現金化業者をランキング! もう現金化業者選びで迷う必要はありません。 当サイトのランキングは入金ス ...

続きを見る

更新日:

Copyright© クレジットカード現金化業者の口コミ比較!マネードラゴン , 2017 AllRights Reserved.