クレジットカード現金化の36業者比較!マネードラゴン

クレジットカード現金化の36業者比較!マネードラゴン

現金化用の商品券を一括購入するならネット購入がおすすめ!

投稿日:

商品券の購入がクレジットカード現金化に暗雲が立ち込める原因のひとつになります。カードの発行元が現金化を禁止しており、特に商品券に関しては特別に厳しいことからそういわれていますが、例外もありますのでそれを利用するのもひとつの手段です。

クレジットカード会社が発行する商品券

ギフト券は現金化によく使われる
クレジットカードにはいろんな会社があります。そこが商品券を発行していることもあり、それをカードで購入をして現金化をする方法もひとつの手段です。この手段であれば、他の商品券を購入するよりもリスクが少なくなります。

カード会社にとってみれば商品券の購入をカードでしてもらう分には利益がそのまま出ますので、特に問題がありません。現金化のように利益が出ずそのまま踏み倒されるよりは、自社の商品券を購入してもらった方が良いですので、このシステムを利用することで商品券による現金化が可能です。

商品券自体、クレジットカード現金化で換金をするときよりも高く還元することができますので、現金化として大きなメリットを得ることができるでしょう。商品券で現金化をするならこの方法が最適です。

インターネットで購入をすることができる

現金化の流れ
もちろん販売しているお店で購入することもできますが、インターネットの方が便利ですので活用しましょう。そうすれば後は郵送で届けられ、そのあと金券ショップで売れば良いだけになります。非常に簡単な現金化です。

ネットであればカード発行元が発行する商品券も目がつきやすいですし、自社の商品券であることで警戒心は薄れます。ネットであれば取引が容易です。

そのまま金券ショップもしくはネットで売買をする

電子商品券
商品券はそのまま金券ショップで売るのも良いですし、ネットで売買をすることもできます。なるたけ事前に調べて換金率が高いお店に売るようにしましょう。換金率が少しでも異なれば、それだけ還元に影響を与えることになります。

ネットで商品券を販売するとなると、いろいろと手間がかかることになりますが、たとえばアマゾンが発行するクレジットカードでギフト券を購入するとなれば、簡単にネットで売買をすることができるでしょう。カードの発行元によって売り方も変わってくることを理解しておきましょう。

ただし問題がいくつかある

現金化業者のデメリット
このような現金化方法はいくつか問題点があります。まず発行元の商品券を購入する大原則を忘れないようにしてください。これによって、いわば発行元に目をくらませることになっていますので、とても重要なポイントになっています。それ以外の商品券を購入することになると、それは大きなリスクを抱えることになるでしょう。

よってカードの発行元が商品券を取り扱っていない場合は、そのチャンスがなくなることになります。ただし考え方次第ではまったくそうではないことがわかるはずです。発想の転換により、自分で高還元の現金化を行うことが可能です。

大手ショッピングサイトが発行するカードも利用できる

現金化とは違う方法でお金を稼ぐ
大きなネットショッピングサイトが運営しているカードにチャンスがあると言えるでしょう。アマゾンが提供するカードでアマゾンギフトカード、楽天やヤフーのクレジットカードで高い還元を提供する、たとえば家電やゲーム機などを購入すれば、警戒心が薄れることになります。

購入して手元に届けば、あとは高く買取ってくれるお店で売れば良いだけです。ただし現金化自体そのものが禁止事項になっていますので、怪しいと感じられる行動をすることになれば、それだけで利用停止と全額返金のリスクは伴うことになるでしょう。これは忘れてはいけません。

商品券を購入できるクレジットカードでなければ意味がない

買い物しすぎると目を付けられる
最近はポイントを貯めるだけでのクレジットカードも多くなりました。クレジットカード現金化においてもっとも最悪なのは、このようなカードで現金化を、自分だけで行うことです。これだけで明らかに怪しいレッテルを貼られることになります。

このような場合は素直にクレジットカード現金化を行う業者を利用した方が賢明です。それだけで限りなく、利用停止と全額返金のリスクを掻い潜ることができます。商品券を発行していないクレジットカードから、現金化を想像される怪しい行動をするのは慎んでください。

利用規約にバレない方法で利用することが大切

カード審査に通らないことも
どちらにしても現金化を利用することは利用規約に違反していますので、見つかってしまえば大きなペナルティが執行されることになります。あくまでも紹介した方法は、利用規約にバレにくい方法に過ぎませんので、規約違反をしているのと変わりないことだけは理解しておきましょう。けっして免除されているわけではありません。

それでもリスクを負う方法である

自分でやる現金化のデメリット
現金化が禁止である以上、このような方法を使うというのはそれだけでリスクを負うことになります。あくまでも目をくらませる方法に過ぎません。少しでも躊躇するのであれば、素直にクレジットカード現金化を利用した方が賢明です。

-換金率の高い商品

Copyright© クレジットカード現金化の36業者比較!マネードラゴン , 2017 AllRights Reserved.