クレジットカードが利用停止になる利用規約違反

更新日:

クレジットカードを使っていて突然利用停止の通知が届いた!

クレジットカードは利用規約を破ると利用停止になります。
カード会社から利用停止の通知が届いたときどうすればいいのか?カードの復活はできるのか?詳しく解説していきます。

利用規約を破るとどうなる?

クレジットカード現金化の落とし穴
カードの利用を禁止されることになります。なんらかの事情によってカードの利用禁止を受けることがありますが、ほとんどの場合期間が定められています。仮にずっと使うことができないにしても、毎月定められている料金を支払うだけで構いません。

しかし一括返済できない場合はクレジットカードの復活は難しいといえるでしょう。

■クレジットカードが利用停止になる事例

  1. カード会社への支払いの遅延
  2. 暗証番号の入力ミス
  3. 利用限度額のオーバー
  4. クレジットカードの有効期限切れ
  5. 金券やチケットの大量購入
  6. 使用カード会社以外の滞納
  7. 現金化利用の発覚

1.カード会社への支払いの遅延

一番ポピュラーな停止の原因が、『支払いの滞納』です。
カードで買い物をすると自分のお金がいくら残っているか把握できません。

こまめに口座の残高をチェックしている人ならいいのですが、ついつい使いすぎてカード会社への支払いができなくなってしまいます。

クレジットカード会社は利用者の支払いで会社経営をしているので、利用者のカード使用状態・支払い状態に関していく位置情報を確認しています。

たとえカード会社に利用停止措置を受けても未納金を払えばすぐに復活することができます。

2.暗証番号の入力ミス

クレジットカード会社はお金を管理する会社なので不正にはとても敏感です。
少しでも不自然なカードの使用方法があると、利用停止す地を施します。

一般的には暗証番号を3回ミスすると利用停止になります。

また不自然な動きで利用停止になるケースもあります。

  1. 普段行かないような国でのカード使用
  2. 一日に複数(大量購入)のカード利用
  3. 高額商品の購入

いずれにしても不正がない場合はカード会社に連絡を入れると復活してくれます。

3.利用限度額のオーバー

クレジットカードは申込時に利用限度額を設定します。

ついつい使いすぎてしまい、利用限度額いっぱいになってしまうと予告無しに利用停止になります。

では利用停止になってしまった場合どうすればいいのでしょうか?

利用限度額のオーバーで停止になってしまった場合には2パターンの方法で復活できます。

  1. カード会社の引き落とし日まで待つ
  2. 繰り上げ決済をしてもらう

基本的にカード会社の請求日を超えると復活できます。
支払い日まで待てない!早く復活してほしい!という方には『繰り上げ決済』ができます。

文字通りカード会社への支払い日より前に支払いを済ませることです。
カード会社に連絡をし『繰り上げ決済をしたい』と伝えるだけでOKです。

振り込みを済ませると利用枠が使えるようになります。

4.クレジットカードの有効期限切れ

クレジットカードには有効期限が設けられています。
お手元のカードに記載されているので確認しましょう。

有効期限が切れるとカード会社から新しいクレジットカードが送られてきます。まだ届いていないようでしたらカード会社に連絡しましょう。

5.金券やチケットの大量購入

金券やチケットを購入し、金券ショップへ売り現金を得る方法はカード会社の威容規約で禁止されています。

そのため、換金率の高い商品の購入は監視されています。

換金目的のカード利用が発覚した場合はクレジットカードが利用停止になります。

もし心当たりがある場合はカード会社に問い合わせてみましょう。

6.使用カード会社以外の滞納

クレジットカードに申し込み際に、利用者の信用情報を確認します。いわゆるブラックリスト(金融事故)に乗っていないかを確認します。

信用情報を照らし合わせた結果、問題がなければクレジットカードを持てるのですが、審査は最初だけれはありません。

途上与信(途中審査)によってカードの利用停止に陥ることがあります。

途上与信はカード会社によって審査の時期が違うのでいつ行われているかはわかりません。

7.現金化業者利用の発覚

『金券やチケットの大量購入』と同じように換金目的のカード利用は禁止されています。
しかし現金化業者は長年の営業をしているので、カード会社に発覚されないようにノウハウをため込んでいます。

現金化業者の利用の発覚は利用者側から情報が漏れることが多いです。

なぜ現金化をしているのがバレるのか?

それではなぜ現金化をしていることがバレているのか?ここに疑問を持たなければなりません。

あまり知られていないことですが、カード会社は利用したとき決済会社を通してどんな利用をしているのかを必ずチェックしています。しかも購入品目までもチェックしていることから、現金化をしていることがバレてしまいます。

カード会社は履歴をチェックしている

カード会社は利用者をチェックしている
利用したお店、そして品目までチェックすることができるのがカード会社です。

そこで現金化に特化している品目、たとえば新幹線の回数チケット、コンサートチケット、高価な家電製品など、買取店で高額買取をされるような品物を大量に購入しているようなケースになると、コンピューターのシステムによって弾き出されます。

「この利用者は現金化を行っている可能性が高い」と判別されるシステムです。いきなり利用停止になることもありますが、多くの場合まずカード会社から事情を聴かれることがあります。そこで怪しい点があれば、利用停止になるといったプロセスです。

どんなに利用者側が言い訳をしても、その判断をするのはカード会社になることから、裁量によってどうにでもなることを利用者側は理解しておく必要があるでしょう。

バレないためにどうすれば良いのか?

バレないために行うべきなのは、現金化を利用しないことです。これが最も主張するべき安全策になります。ただしそうもいかない人も多いでしょう。

貸金業者のような審査を受ける必要もなく、クレジットカードのショッピング枠があれば現金化にすることができるシステムですので、それを活用したい人も多いはずです。

だからこそ利用は現金化業者を通すようにしましょう。これを行うだけで、バレるリスクを軽減させることができます。業者を通すことによって、バレにくくなることを知っておきましょう。

単純に業者を利用するだけではダメ

しかしただ業者を利用するだけではダメです。バレないように工夫をしている業者を利用しなければ意味がありません。

そのために必要なのが、創業年数が長い業者になります。入れ替わりが激しい業者になりますので、5年もあれば安心して利用できる業者になるでしょう。

クレジットの決済方法もカード会社に不審に思われない方法で行っていますので、限りなくバレてしまう確率が極端に下がります。けっして業者であればどこでも良いわけではないことを知っておきましょう。

信頼できる優良業者で利用しよう

信頼のできる現金化業者を探す
創業年数が長い業者というには比較的信頼することができることから、優良業者と認定することができるでしょう。ただ還元される金額にも関心を持たないといけません。相場としてはクレジットカードの現金化は80~90%になっていますので、それに留まる業者を利用しましょう。

安全に利用するのと一緒に、利用者にとって利益を追求しなければ意味がありません。そのための現金化ですので、業者の選別はしっかり行うようにしてください。

必ずしも業者を通すことで安全は保たれない

必然的に業者を通せば、安全が確保されると思わないようにしましょう。確かにバレにくくなりますが、絶対にバレないわけではありません。何度も同じ会社を利用している場合は、怪しまれる可能性があります。頻度には十分気を付けるようにしてください。

現金化でしてはいけないこと

自分で行わないこと、そして業者で何度も利用をしないことになります。利息に換算すると大きな出費になるのもクレジットカード現金化です。デメリットもありますので、計画的に利用しましょう。

利用停止を受けない現金化を

結局利用停止を受けるようになれば、大きな代償を払うことになるのは持っている側になります。そうならないための対策として、利用する場合は必ずこのことを頭の中にいれて行うようにしましょう。

-利用停止

Copyright© クレジットカード現金化業者の口コミ比較!マネードラゴン , 2017 AllRights Reserved.