クレジットカードのショッピング枠を使った現金化のデメリット

投稿日:

クレジットカード現金化はクレジットカードを持っていればどういう人であっても使うことができる資金調達の手段に成ります。消費者金融を申込みよりも利便性が高いために人気が高まっていますが、メリットだらけかというとそういうわけではありません。今回は知っておいたほうがいいクレジットカード現金化のデメリットについて3つ紹介していきます。

利用停止になる場合があり得る

カード会社のペナルティ
クレジットカード現金化を利用する場合の第1のデメリットはカードの利用停止になる可能性があるという点です。クレジットカードの利用規約に実は現金を調達する目的でショッピング枠を利用することを禁止しています。キャッシングは認められている方法にはなりますが、金利が高かったり、枠が小さいということもあって、クレジットカード現金化が利用されています。

クレジットカード現金化を利用するのはいいのですが、返済不能に陥ってしまうと困ってしまうことになります。わざわざ現金化をするということは経済困難に陥っている人が多い可能性が高いです。そういう利用者ばかりになると返済されなくなりますので、経営に大きなリスクをもたらすことになってしまいます。そのリスクを防ぐためにも現金化を禁止しているという側面があります。

実際のところは利用規約に記載されていることを知らずに利用している人が多いです。カード会社が利用状況を確認した時に現金化の利用だなとわかった場合には利用停止措置が取られます。現金化でないことを説明できれば利用停止が解除されますが、説明できない場合は契約解除になる可能性があります。契約解除になったらそれまでの残債は一括返済する必要が出てくるでしょう。

もしクレジットカード現金化を利用するのであれば、利用停止にならないように気を付けながら利用していく必要があります。カード会社に明らかに怪しまれないような使い方をしていってください。

悪徳業者が存在している

クレジットカード現金化での逮捕者
クレジットカード現金化はメリットもそれなりにある方法ではありますが、消費者金融などに比べると悪徳業者の割合が高いという側面があります。メリットが高いということから現金化を利用する人は増えてきていますが、業者の数もそれに対応する形で増えてきています。

業者の数が増えれば中には悪徳業者の数も増えるのは言うまでもないのではないでしょうか。そういう悪徳業者をきちんと取り締まればいいわけですが、どちらかというとクレジットカード現金化がグレーゾーンの商売ですので、法的に取り締まることができないというのが実情です。

悪徳業者に捕まったのであれば口コミでも流れるかもしれませんが、悪徳業者は良い口コミを自ら流していますので、結果的に利用者としてはどっちなのかわからない状態になります。結果的に悪徳業者に騙されているわけです。一番いいのは悪徳業者に騙されないことではないでしょうか。

悪徳業者がどういう手段で騙していくのかというと、ホームページ上で記載されている換金率表をエサにして利用者の申込を増やすわけですが、申し込んだ時に決済手数料や配送料などいろいろな名目で手数料を差し引くことで、振り込まれた金額が換金率表の金額よりも下回ることになります。換金率表の割合よりも大幅に減額されて振り込まれるとなると、やはり不満は募るはずです。

悪徳な現金化業者にご注意を!
悪徳なクレジットカード現金化業者にご注意を!

クレジットカードのキャッシュ枠を現金化しようとインターネットで業者を探しても、悪徳な業者に行きついてしまうと現金化どころではありません。 現在では全国に数千店舗ものクレジットカード現金化店舗があり、イ ...

続きを見る

少額利用では損する割合が高い

業者で行う現金化
クレジットカード現金化においては換金率を設けており、利用金額が高い人ほど高い換金率になっていることが一般的です。それは別の言い方をすると少額利用の人というのは換金率が低くなるということです。多くの場合は少額利用が多いでしょうから、結果的に損する割合が高くなってしまいます。

例えば1万円から10万円ならば換金率が80%ということであれば、1万円の利用で20%減額されますので、8千円が振り込まれるという計算になります。実際には換金率通りになっていることは少なく、さまざまな手数料が差し引かれますので、実質の換金率は80%を切るという計算になります。そうなると8千円よりも低く、7千円台になるということです。

実際に手にするお金が7千円台だったとしても、カード会社に返済するのは1括払いであれば1万円の返済をしないといけません。そう考えてしまうと少額利用では損をする可能性があるということです。

クレジットカード現金化を利用するのであれば、少額利用はあまりお勧めする方法ではないです。少額利用をするのであればキャッシングを利用したほうがまだいいでしょう。キャッシング枠がもうないということであれば、現金化を少額で利用するのもやむを得ない対応でしょう。

デメリットを知ったうえで利用をするしかない

クレジットカード現金化は得なのか?
クレジットカード現金化のデメリットについて3点述べてきました。上記の3点の中で一番避けなければいけないのは悪徳業者に対するデメリットです。悪徳業者さえ何とか回避することができれば大きな問題になることは無いのではないでしょうか。

-利用停止

Copyright© クレジットカード現金化業者の口コミ比較!マネードラゴン , 2017 AllRights Reserved.