クレジットカード現金化の36業者比較!マネードラゴン

クレジットカード現金化の36業者比較!マネードラゴン

カード会社に現金化の利用がバレるペナルティ

更新日:

現金化の注意事項

クレジットカード現金化の利用で、もっとも恐れないといけないことのひとつが利用停止処分です。これだけでも大きな罰則になっていますが、それだけではなくカードを利用した金額を全額返済させられる可能性もあります。このことについて深く掘り下げていきましょう。

全額返済を迫られる可能性が高い

全額返金
すべてとは言えませんが、利用規約を違反したことから全額返済を迫られることが多いのがクレジットカード現金化です。現金化はクレジットカードだけではなく、他にも方法があります。たとえば携帯電話を使ったキャリア決済。

こちらも利用規約として禁止されており、仮にバレてしまうようなことになれば、全額返済を求めていることが多いです。このようなことから現金化がバレてしまえば、そのまま全額返済の危機の陥る可能性があることを頭の中に入れておきましょう。

現金化の禁止は利用規約に定められている

利用禁止
なぜそのようなことが起きてしまうのかをよく理解しておかないといけません。クレジットカードを発行する会社のすべてが現金化をすることを禁止しています。だからこそ、その違反をしたことによって、全額返済を求められることになります。

返済が終わるまではカード会社が所有することになっていると定められており、利用規約の違反は横領や詐欺に抵触すると発言する識者もいることから、カード会社の動き次第では事件化する事案でもあります。こんなことを聞いてしまうと、とても怖く感じることもありますが、その可能性はないとは誰にも言えません。

ただし返済に関しては厳しい規則がないことも多い

規則
返済は全額で一括に行われることが多いですが、けっしてすべてのカード会社がそうなっているわけではありません。分割に応じることもありますし、いつもの返済額で良いこともあります。利用規約にそう定められていない場合は、交渉の余地があると言えるでしょう。ただし専門家のアドバイスも必要になりますので、ひとりだけで行うには、心寂しいものがあり、現実的とは言えません。

必要なことはカード会社にバレない使い方をすること

賢く利用しよう
現金化は利用規約で禁止になっており、それがバレてしまうようなことになれば、全額返済を一括で求められる可能性があることになりますが、その対策方法もあります。それはクレジットカード現金化業者を利用することです。

決済方法を工夫しており、カード会社にバレにくくなっています。ただし利用規約違反をしているのは間違いありませんので、あくまでもバレないように利用する方法に過ぎません。よってカード会社が本気になってしまえば、いくらでも現金化の利用を認める立証をすることができるでしょうが、手間が掛かることからそこまでする気力もないでしょう。よって現金化業者の利用こそが、利用規約違反がバレない方法として確実です。

現金化業者を通すだけではなく選別をしよう

業者を選ぶ
そのまま業者の利用をすれば良いように感じている人も多いでしょうが、それだけでは物足りません。たくさんのクレジットカード現金化業者がありますので、その選別をすることから始めましょう。実はここにこそ大きな意味があります。

仮に悪質な業者に利用するとします。決済方法も工夫がないやり方でしていれば、カード会社から不審に感じる原因を与えてしまうことになります。確かに現金化業者を通すことがバレないために必要な対策になりますが、優良な業者でなければ意味がありません。それを行ってこそ、本格的な対策の意味を持つことになります。

利益を少しでも追求した動きをすることが大切

現金化で利益を出す
信頼できる優良な業者に依頼することが、カード会社が定めている利用規約違反がバレない方法になりますが、それだけではありません。利用者が少しでも利益を追求する方法を求めることも大切です。

現金化業者を選ぶうえで優良以外に求めてほしいことは換金率です。これによって還元される金額が変わってきます。相場としては80~90%になり、これが高ければそれだけ還元されることになりますので、ポイントとして見ておきましょう。

またそれだけではなく、キャンペーンにも注目をしてください。新規顧客を獲得するために、いろんなキャンペーンを実施しているのも現金化業者です。換金率がアップするキャンペーンであれば、それだけで利益を得ることができます。このようなポイントから、業者選びを行うようにしてください。

全額返金の可能性についてもっと関心を持つべき

利用規約違反にならない使い方をしなければなりません。ただし違反をしているのは確かですので、バレにくい方法としてあるクレジットカード現金化業者を利用することが必要です。全額返金になってしまえば、大きな痛みになるでしょう。それを避けたいのであれば、業者の利用を検討しましょう。少なくてもそれを行うだけで、利用規約違反が発覚することを遠ざけることができます。お金を工面するときにこそ、持ってほしい感性です。

-利用停止

Copyright© クレジットカード現金化の36業者比較!マネードラゴン , 2017 AllRights Reserved.